天気には敵わない。クロナチュールです。

前回の活動日よりも、日差しも弱く動きやすい一日でした。
それでも暑いことは暑いのですが。

この日の活動の前半は、師匠に了解をいただいて黒須家の一部をクロナチュール専用に開墾して、収穫量の増量を目指すことに。

そこでやる作業は、雑草抜き→ごみ片付け→耕す→畝作る→穴掘る→種を植える→水をいやって程あげる→祈る→網で囲う→祈る

以上の工程を行います。

20150524_01

からの

20150524_02

のようになります。
水をいくらあげてもどんどん吸収されて、すぐに砂漠みたいになります。
降りすぎは嫌ですが、雨は恵みなんだなと思います。

さて、黒須家の米作りですが、ついに師匠からお許しをいただいて

1433148602713

代掻きデビューです。間違いはゆるされないので、しっかり教えを受けます。
そして人生初の代掻きが。。。

1433148577820

腰が引けまくってますね。小さいように見えますが、こちらのマシンは4馬力もあります。
それを腕のみで操って行ったり来たりします。

1433148629493

師匠も心配そうにしばらくついて来てくれました。
師匠の仕事量に比べれば大したことはないのですが、結構な疲労感に襲われます。

それでもこの作業は今までで一番楽しかったです!黒須社長風に言うなら
「テンション上がってきた」です。

米作りに参加できている、っていうのが感じられる作業でした。

代掻きの後は

1433148557208

横の斜めの部分を泥で固めます。畦塗りです。
この作業で水漏れを防ぐのだそうです。シートとか色々あるみたいですが、
黒須家は愛情を持って、ペタペタ塗りたくって固めます。これは腰にきます。

この後は植えた種たちや、育っているハーブたちに水をやり終了となりました。

次回のブログでは、前回ハーブが生えている所に勝手に生えだしたカボチャたちが
どうなったかをお伝えできたらと思います。