とにかく暑い。クロナチュールです。

今月は米作りをメインに黒須家と私たちで活動してきました。
今回からの活動記は米作りの大変さを身をもって知る貴重な体験になります。

と、その前にファームに訪れて最初の方で植えた愛するハーブたちの近況です。

はっきり言って順調に、とても順調に育ってくれました。
私たちの目が届かない間は、師匠夫妻に面倒を見ていただいたからというのもありますが。。。

今まで風・虫除けのために覆っていた網の封印をついに解くときがきました。

20150517_01
20150517_02

はい。もう何が何やら、ハーブさんと雑草の区別がつきません。
そこでいつもの作業です。

20150517_03

雑草狩り!無農薬有機肥料でやっているので、雑草との戦いは日常です。
その途中経過が

20150517_04

少し区別がつくようになりました。そして

20150517_05

除草完了です!
雑草だけでなく、自前の有機肥料の中にかぼちゃの種も入っていたらしく
かぼちゃもスクスク育っていました。

このかぼちゃは別の場所に移住させましたが、うまく定着するかは運次第のようです。

お昼休憩を挟み、稲作作業の開始です。

20150517_06

稲さんたちも順調に育っております。
触ると気持ちいいです。

そしてこの日より、師匠が田んぼに水を入れ始めました。

20150517_07
20150517_08

耕運機を使って代掻き(シロカキ)という、田んぼ作りにとても大切な作業を行います。
昨年経験している社長が言うには

「うちの田んぼの代掻きは、何度も往復してかき混ぜるから大変なんだ。」
「大変な分、出来上がったときのお米の味が違うのさ」

と、話していました。師匠の仕事ぶりを見ていると納得の大変さです。
縦に、横に何度も往復していました。

師匠の作業の邪魔はできないので、その間に

20150517_09
20150517_09

田んぼの水があふれ出ないように柵で囲っているのですが、
古くなり使えなくなったものを、私たちで新しいものに変えることに。

掘って、掘って、
引っこ抜いて、引っこ抜いて、
埋めて、埋めて完成です。

田んぼの内側、斜めの部分の雑草とりも行います。

20150517_10

この日の作業は以上でした。これからが大変な稲作作業。
次回は5月24日の作業を。